はるか(主たる事業所)

多機能型事業所
就労継続支援B型事業 就労移行支援事業

「そよかぜのように 街にでよう」

「はるか」は障害を持った方々が、様々な生産活動を行う多機能型(就労移行・就労継続B型)事業所です。1988年に障害を持った方々の「働く場」として誕生しました。「そよかぜのように街に出よう」を合言葉に地域で様々な活動をしています。
就労継続B型の作業内容は、豆腐作りを始め便利屋や公園清掃を行っており、特に豆乳ぷりんは大人気商品です。
就労移行支援事業では、昨年より就労定着支援をスタートしました。就労移行支援事業所で訓練をし、見事一般就労された皆様の生活面、就業面でのサポートを全力でさせていただきます。 
湖北駅北口駅前にあります「はるか」にお気軽にお越しください。

ごあいさつ

この度「はるか」の管理者を務めさせていただくことになりました三代晃子と申します。
これまでは、同法人けやき社会センターで15年間務めさせていただき、皆さまには大変お世話になりました。
新しい出逢いは、人生を豊かにします。利用者の皆様に「はるか」にきて良かった。人生のターニングポイントになった。と思って頂けるようスタッフ一同一丸となって精進して参ります。今後とも宜しくお願い致します。

はるか管理者  三代 晃子

豆乳プリンディスプレイ完成! 平成30年5月10日

今年もイベント販売のシーズンがやってきました。 まるでカフェに居るような雰囲気の豆乳プリンのディスプレイも完成し、販売意欲も高まります。まずは、13日(日)のあびこふくしまつり(アビスタ)にてお披露目となります。是非、遊びに来て下さい。

つくばねギャラリー

はるか で実施した活動状況や 各事業所で実施した各種行事など の写真を掲載しています。お楽しみください。
西部防災センター 2019.3.20(水)

連絡先

はるか 障害福祉サービス事業所

〒270-1132 千葉県我孫子市中里324-20 HSKビル

04-7188-7594
04-7188-7594

haruka1516@ac.auone-net.jp

トップ